WEB会議とテレビ会議をはっきり整理する!

WEB会議とテレビ会議は、国内でも国外でも多くの企業が利用しています。
WEB会議とテレビ会議について似たようなイメージを持つ人もいますが、機能や仕組みが異なります。
事前に整理しておくと実際に利用するときに役立ちます。

テレビ会議は会社などの会議室に一定の人数が集まって会議を行い、WEB会議はパソコンを利用してインターネット上で会議を行います。
WEB会議とテレビ会議は利用シーンに応じて使い分けます。

WEB会議とテレビ会議の違いを整理してみると、違いがよくわかります。
テレビ会議は部屋に専用の設備を常設して運用されます。
専用機器や専用回線を使うことで、高品質の映像や音声とともに会議を行うことができます。
テレビ会議は重要な会議で利用されることが多いです。

一方、WEB会議の場合は、インターネットが利用できる環境なら場所を問わず会議を行うことができます。
最近は、WEB会議でも十分な品質と音声で会議ができるようになっています。
ファイルを共有できる機能が広く普及したことで利便性が増しています。
WEB会議は、屋外でも屋内でも手軽にインターネットに接続して参加することができます。
今はパソコンもWEBカメラも安く購入できるので、初期費用も低く抑えることができます。

テレビ会議では大きなレンズが搭載された専用のカメラを使いますが、WEB会議では小さな固定カメラが使われます。
マイクとスピーカーも必要になります。
マイクとスピーカーが一体化したヘッドセットがあると便利です。
ヘッドセットは、周囲の雑音が混ざりにくく会議の音声もクリアに聞こえます。
さらにスピーカー音が漏れにくいので場所を選ばず会議に参加できます。

ビジネスにおいて迅速な対応に迫られることはよくあります。
国内でも国外でも何かあった時に迅速に対応できるのがWEB会議の大きなメリットです。

テレビ会議では、パソコンの様々なデータを見ながら会議を行うことができます。
WEB会議の場合はデータを見ながら会議を行うだけでなく、アプリケーションを共有してデータの書き換えを行うことも簡単です。
多くの人に必要なメッセージを素早く届けることができるのもメリットのひとつです。

テレビ会議もWEB会議も、それぞれメリットがあります。
導入したいと考えている場合は、予算に合わせて様々なプランが用意されています。
必要となる専用機器も種類が豊富で、ホームページからカタログをダウンロードすることもできます。