回線が必要でプロバイダも必要?なぜ?

インターネットを利用するには回線とプロバイダーが必要なのですが、その理由はインターネットの仕組みにあります。
インターネットは信号を回線によって届けています。
その回線が高速であればスピーディーに通信ができます。
現在最も普及しているのは光回線です。
光回線は光ファイバーで信号を届ける仕組みで、大容量の信号を高速で送ることができます。
回線の利用には回線業者との契約が必要になります。

プロバイダーはインターネットサービスプロバイダーの略称で、ユーザーとインターネットを繋げる役割を果たしています。
プロバイダーにも様々な業者があって、それぞれがオリジナリティー溢れるサービスを行っています。
回線業者とプロバイダーの両方と契約することでインターネットを利用できるようになります。

今注目されている光コラボというサービスがあります。
これまでは回線業者とプロバイダーの両方と契約する必要がありましたが、それを一体化して契約できるサービスが光コラボです。
光コラボ事業者は光回線の卸提供を受けています。
ユーザーはサービス提供者に料金を支払うだけでインターネットを利用できるメリットがあります。
光コラボ事業者は独自の価格やサービスを押し出せるので市場の競争原理が働きます。

メリットが多い光コラボですが、まだまだ利用者は少ないのが現状です。
その理由はすでに光回線を利用している場合、乗り換えの再手続きが面倒になると考えられているからです。
しかし実際には同じ回線を使っていれば工事は不要ですし、手続きもインターネットや電話で簡単に行えます。

日本には数多くのプロバイダーがありますが、基本的にはどの業者もインターネットへの接続業務を行っていることに代わりはありません。
違いが出るのは契約時のキャンペーンや回線速度です。
プロバイダーの選び方としては回線速度重視か割引重視です。
回線速度の速さを売りにしているプロバイダーなら動画やゲームもスムーズに楽しめます。

現在トレンドになっているのがスマートフォンとのセット割引です。
これはインターネットとスマートフォンをセットで契約すれば割引が適用されるというものです。
この場合は契約しているデータ通信プランによって割引金額が変わります。
家族割引も適用すれば通信費の大幅な節約に繋がる選び方です。
プロバイダーによっては正規代理店から申し込むとキャッシュバックがあったり、他社の解約違約金や工事費をある程度負担してくれたりする場合もあります。