フレッツ光と光コラボって、どういうこと?

企業ビル群

最近、ネットやCMで見聞きすることが多くなった「光コラボ」とは「光コラボレーションモデル」の俗称で、NTTが提供する光回線「フレッツ光」を他の事業者が借り受けて様々なサービスを付加して販売するモデルのことを指します。
簡単に言うと、事業者と回線サービスが一体化したということです。
全国規模の電話回線網というインフラが整っていたので、インターネットの光回線と言えばNTTのフレッツ光が主流でした。
しかし2015年2月からは、フレッツ光回線の卸提供を受けた事業者が、オリジナルの割引セット等のキャンペーンを盛り込んだ回線サービスを展開できるようになったのです。
回線の速度や品質はそのままで、価格やサービスといったセールスポイントを押し出すことが可能となり競争原理が働いた為、ユーザーは安く多様なサービスを受けられるようになりました。

auひかりは光コラボ回線の1つだと思われがちですが、実際はauひかりと光コラボは違う仕組みで稼動しているサービスです。
auひかりでは、フレッツ回線は使用せずにダークファイバーをしようして光回線サービスを提供しています。
ダークファイバーとはNTTが敷設した光回線の中で使われていない光ファイバー回線のことです。
この光ファイバー回線をサービスを提供したい事業者が借り受けて、伝送装置や長距離伝送に必要な中継器は自前で調達してサービスを提供しているわけです。
自社網に近い感覚で回線を引くことができ、混雑しにくいので速度が安定しやすいという特徴があります。

光コラボを実施している事業者はたくさんありますが、携帯電話回線とのセット販売が多く、auやソフトバンク等の大手が目立ちます。
そのため、一度光コラボへ乗り換えてからフレッツ光に戻したり、他の光コラボサービスに転用したいというケースも多いでしょうが、このようなケースでは、一旦解約してから新規に申し込みをしなければならないので、注意が必要です。
特に、ひかり電話を使用していて光コラボに転用する場合は、光コラボの解約と同時に電話番号は使えなくなってしまいますので、ひかり電話を使用している場合はしっかり検討してからにした方がいいでしょう。
また、フレッツ光からドコモ光やソフトバンク光等の光コラボに転用する際には転用承認番号という整理券のようなものが必要となります。
この転用承認番号という整理券は、転用の場合には予め取得していることを前提として話が進んでいくので忘れずに取得しておきましょう。
各社それぞれの割引プランが用意されているので、契約を検討しているのであればどの事業者が自分に合っているのか、光コラボレーションを比較して選択することをおすすめします。