デジタルサイネージ?サイネージ?何が違う?

デジタルサイネージとサイネージの違いはなんでしょう。
読んで字のごとくデジタルかそうでないかと言うことです。
そもそもサイネージの意味は看板やポスター、掲示板など誰かに情報を与えるために表示されるもののことを言います。
デジタルサイネージは、目的は同じですが電子的な媒体によって行われるためペーパレスである意味合いからそう言われています。
ただのペーパレスであれば表示している情報が同じであれば違いはないと思われがちですが、そこには大きな差が存在しています。

まずは豊富な情報が提供できると言う点です。
従来のサイネージでは、印刷された情報を一定期間表示するだけです。
同じ面積で1つの情報しか提供することができません。
デジタルサイネージとであれば、画面を切り替えるだけでいくつもの情報を提供することができます。
つまり同じ面積で数倍の情報を提供できると言うことにあります。
確かに表示している時間はサイネージの方が長くなりますが、提供し終わった情報をいつまでも表示していても意味がありません。
同じ環境であればデジタルサイネージの方が有利になります。

そして目立つと言うことです。
デジタルサイネージは動的な情報を表示することができます。
紙で行われていた情報よりも興味を引きことができます。
また、わかりやすく説明することで内容をしっかりと覚えてもらえるようになります。
動画を流すこともできるので、伝えられる内容が多くなります。

費用の面では一長一短があります。
デジタルサイネージの場合、運用コストが必要になります。
ただ、紙を貼るだけのサイネージよりもその分費用がかかることになります。
ただし、印刷に関するコストは全くかかりません。
作成した情報を表示したいデジタルサイネージに送るだけでいつでも掲示することができます。
修正や追加などの作業も瞬時に行うことができるので、刷り直しのリスクなどがありません。
人件費については、デジタルサイネージはメンテナンスコストが必要です。
トラブルが発生した時には修理が必要になります。
サイネージの場合は運送、貼り替え作業、回収、廃棄などのコストを必要とします。

他社よりも、一斉に広告をしたいような時にはデジタルサイネージは最適です。
表示すべき情報が完成したらすぐに、一斉に提供することが可能です。
スピードが勝負の世の中においてはデジタルサイネージの方が圧倒的に有利だと言うのはそう言う意味合いからです。